零戦の大口支援者、購入希望者を探しています!!!!

零戦里帰りプロジェクト零戦里帰りプロジェクト

 株式会社ゼロエンタープライズ・ジャパンは、現存する零戦(零戦22型(三菱重工社製)、登録番号N553TT、シリアル№3858)を日本国内で飛行可能な状態で永年保存するために活動してきました。

 全世界に飛行可能な零戦は5機と言われています。その1機を日本人の石塚政秀氏が所有しており、日本で保存可能な唯一の機体です。他の零戦は全てアメリカ国内の個人、団体等の所有となっています。

 本機は、石塚氏が10年ほど前に私財と借入金により所有したもので、まだ借入金の返済が残っています。その返済期限が過ぎています。本機の所有権を分割販売することも検討しましたが、有価証券等にあたり法的に難しい状況です。

 4年間にわたり日本に持ち込み、展示、飛行活動を通じて支援者、新所有者等を募ってまいりましたが、いまだ見つかっておりません。多くのお話をいただき、幾多の打ち合わせをしてまいりましたが、結論に至りませんでした。石塚、唐木の2名による活動のため、広く情報を募ることもできず、力不足を実感しております。

 このような状況から、借入金返済のために最悪海外での売却も選択肢にいれ、先月海外のエージェントと販売コンサル契約を結びました。早速お話をいただき、今月末にはアメリカにて本機の見学をしていただく予定です。

 同時に、国内から数件問い合わせをいただき、お話を数回させていただいておりますが、具体的条件詰めには至っておりません。まだまだ時間のかかるものと推察しています。


 私共は、国内保存が優先でしたが、借入金返済も優先せざるを得ない状況です。

 現在機体は、アメリカにてエンジン不具合修理を実施中で、年内には飛行できるものと考えております。当修理費用も新規の借入金にて賄った次第です。

 いままで、多くの方の支援と石塚氏、唐木、個人スポンサーの支援費用にて活動してきましたが、限界に来ております。

 本機の維持には、3,000万円/年(保険料、整備費用、駐機費用等)が必要です。この費用を私どもで今後負担していくことは厳しいとの結論になり、新所有者、大口支援者を募っている次第です。

 是非皆様には、本機を維持したい個人、企業、団体等をご紹介いただければと思います。情報提供は、サポートデスク又はHPの問い合わせよりお願いいたします。


 大口支援者、購入希望者との条件提示等に付きましては、唐木、石塚が直接お話をさせていただきます。これは、零戦売却・所有権分割等をかたっての詐欺まがいの行為が以前あったためです。ご理解をお願いいたします。























 多く方に本情報を広めていただければ大変助かります。

 PDFファイルをここからダウンロードしていただけます。

【お問い合わせ先】 0120-185-581 (10:00~18:00/土曜・日曜・祝日は定休)
またはHPのお問い合わせ(https://www.zero-sen.jp/contact/) よりお願いいたします。



2018年12月
株式会社ゼロエンタープライズ・ジャパン
唐木


  • 会員募集中