高校卒業式親は行かないもの?服装や雰囲気はどんな感じ?感動体験も!

卒業式
スポンサーリンク

年が明けて、受験シーズンを乗り越えると、またたく間に『高校の卒業式』がやってきますね!

子供の高校3年間は、聞いていた以上にほんとうに早かったなあ・・と感慨深い思いを経験しましたが、きっとあなたもそう感じていらっしゃることでしょう。

高校生の親世代はいまや幅広い年齢層ですが、社会的に責任を背負う世代だったり、子育ては一段落・・と思いきや、これから実際にかかってくる教育費捻出・・のために、まだまだ頑張らねばならない・・

自分達の親もちょうど高齢になる世代で、実際すでに介護をされている方もいらっしゃいます・・

・・とにかく忙しい・・高校の卒業式どころではない・・・

という保護者の方は、少数派ではない、、と思います。

もう成人したのだから、親は高校の卒業式には行かなくてもいいかな?

親は行かないものなのでは?・・・という方も、いらっしゃるでしょう。

こちらでは、『高校の卒業式に参加してみて、実際にどうだったのか』を、詳しくご紹介していきます。(2022年3月の卒業式に参加しました。)

高校卒業式!ずばり!!参加してみてどうだったのか?
高校卒業式!親は行かないもの?親の参加率は?親が行かないのは非常識?
高校卒業式!雰囲気はどんな感じ?
高校卒業式!親の服装は?
高校卒業式!浪人決定の場合は??
高校卒業式!思わぬ感動体験
高校卒業式でよかったこと
高校卒業式で残念だったこと
高校卒業式の困りごと

スポンサーリンク

高校卒業式!ずばり!!参加してみてどうだったのか?

高校卒業式に参加してみて、ほんとうによかった!と心から思いました。

格いう私も「高校の卒業式」は、どうしようかな・・?と思っていたのです。

そんな私が、どうしてこんなに大きく、気持ちが変化してしまったのか・・をお伝えしたく、

高校の卒業式のことを詳しく綴っています。

一言でいうと・・出席したことでしか味わえなかった、数々の感動体験があったから!です。

(ちなみに・・6学年違いの、下の子の小学校の卒業式にも同じ月に参加したのですが・・あまりよいものではありませんでした)これは又、別のお話ですが・・(後述したいと思います)

ですので、尚更というところもありますが、高校の卒業式の参加を迷っているようなことがあるならば、ぜひ出席してほしいです。

高校卒業式!親は行かないもの?

高校卒業式!親の参加率は?

高校卒業式の親の参加率は 約9割 でした!

2022年3月3日が、神奈川県公立高校の卒業式でした。

「新型コロナウィルス」第6波の最中であり、県からの通達で保護者の参加は各家庭1人までとなっていました。

(今年は2023年1月に、県から『卒業式の保護者の参加人数を緩和』するように通達がありました。)

ですので、父親が参加しているご家庭もあったのですが、全体的に約1割位はいらっしゃって、全然珍しい感じではなかった印象です。

娘の高校の卒業式の通達は「プリント」と「メール」だったのですが、特に卒業式当日の「出欠確認」もなく、『ご都合がよろしければ、ぜひご参加ください。』という程度でした。

このあたりは高校や地域によって、かなり差がありそうですね。(私立高校は、とくに)

事前の出欠確認がなかったので、保護者の席は卒業生の人数分すべて用意されていました。コロナ禍なので、座席指定で誰がどこの席にいるのかが、しっかり把握されていました。(何かあった時のために)

大勢集まる場所なので、椅子もくっつけずに一つづつ配置されていて、ゆったり座ることができました。(快適)

そんな保護者席は、ほぼ埋まっていて、ところどころに空席がある程度でしたので、参加率はほぼ9割位、圧倒的に参加された人の方が多かったです。

高校卒業式!親が行かないのは非常識?

親が高校の卒業式に参加しないことは、非常識ではありません。

高校は義務教育ではないですし、高校卒業式は親は強制参加ではないので、まったく非常識ということはないです。

実際高校生活は、ほぼコロナ禍真っただ中!だったということもあり、同じクラスの保護者でさえ、全然知らない人ばかりです。

高校に保護者として結局行ったのは、入学式と三者面談、そしてこの卒業式だけでした。

ですので、卒業式に参加していなくても、お子さんが把握しているくらいで全然わからないし、同じ中学を卒業していて、親どおし面識のある方に「卒業式なのに、来ていないのかな~」位かと。

それでも「忙しいんだろうな~」と思われる程度で、非常識!とは、ならないです。

高校卒業式!雰囲気はどんな感じ?

卒業式会場の雰囲気にのまれる

会場である体育館の壁は、紅白の幕で囲まれていました。いつもと全然違くって、式典・・という感じ!!

そして、普段ならみかけるようなことのない、すごく大きくて立派な生花が壇上に飾られており、少し緊張感もある、なんともいえない厳粛な雰囲気・・

もう30年?!も前であろう、自分の高校時代をふと思いだす・・(青春時代!)

気付けば、我が子がこんなにも成長し、社会や新しい世界に旅立っていく・・

卒業式会場にながれている、なんともいえない『BGM』・・

雰囲気に弱いは・・そんな会場にただいるだけで、うるっとしてしまったのでした・・(感傷にふける・・)

実際にこの会場に来なければ、湧き出ることのなかった感情でした。

高校卒業式!親の服装は?

母親の服装はどんな感じ?

高校生の保護者の年齢層は、いまや幅広いですよね。

ちなみに私は、30歳位に出産をしたので・・一応40代といったところ。だいたい、40代から50代位の方が多いのかな?と、思います。

ですので、卒業式の服装は『全体的に落ち着いている』という印象です。

やはり、黒かグレー系の方がほとんどでした。

カチッとしたスーツだけでなく、ロングスカートやパンツスーツの方も珍しくなかったです。

『普段使いもできる、おしゃれできちんとしたフォーマルファッション』であれば、ちゃんとしたスーツではなくても問題ないです。

3月とはいえ、まだ寒かったので、コートを羽織ったまま式に参列している方も少なくはありませんでした。

↓コートは、必須です!

↑高校卒業式には、パンツスーツがおススメ!↓


【レンタル】[marie claire(マリ・クレール)]卒業式 スーツ 母 大人 ママ 母〔202〕 レディース ブラックフォーマル レンタル[7号 9号 11号]卒園式 スーツ ママ 母 ママ 母親[女性礼服][fy16REN07]【0AZY202】

↑レンタルも、できますよ♪

高校卒業式!浪人決定・・の場合は?

浪人決定した子の親の過剰な心理状態

高校の卒業式は『3月のはじめ』が多いので、まだ進路が決まっていない人もいる時期です。国公立大学の後期試験や、私大でも後期日程の受験はまだ続いています。

実は・・わが子は卒業式当日、浪人が決定していました・・

もしや・・という心構えはあったものの、実際春から浪人することが確定してしまったので(もうこの時点で、受けた大学の結果がすべて出ていた)

ちょっと・・高校の卒業式の参加を、どうしようかな・・ということは考えなくは、なかったです・・

子供とは、かなり話し合いもして『どうしても、来年もう一度、第一志望校に挑戦したい!!』ということで、前向きに浪人を決めた最中でした。

わが子が『もう一度、新たな気持ちで困難に挑戦!!』と意志を固め、それを支える!と決めた私だったのに、やっぱり浪人することは、残念だな・・と気持ちが落ち込んでしまったのでした・・

だって、進路が決まってキラキラしている子たちを、真正面からお祝いしてあげられるのかな?こんな心境で?!って思っていたし・・

でも結局は

高校の卒業式に参加して、心の底からよかったと思いました!

今思えば、気持ちの整理がちゃんとついておらず、偏屈にもなっていたみたいで・・(そんなところが大いにある私・・)

危うく大変なミスを、犯してしまうところでした。

わが子が決断したことを、最後まで応援してあげなくちゃ!(そう思えたのも、式にちゃんと参加したからです!)

新しい門出である『高校の卒業式』は、ただの式典というだけではなく、保護者の気持ちの整理のためにも、出席しておいて大変よかったです!

高校卒業式!思わぬ感動体験!

卒業生から親へのメッセージ

卒業式の日に、校門を進むと3年生の昇降口の入り口前に、保護者の人だかりが・・

覗き込んでみると『卒業生から、保護者へのメッセージカード』が、桜の花びらに模して、一人づつ全員分大きな模造紙に貼ってありました。

たくさんのメッセージカードの中から、わが子のカードを見つけ出すのって、こういうときってなかなか出てこないんですよね!

『3年間お弁当作ってくれて、ありがとう!』『高校生活、楽しかった!ありがとう!!』など、わが子のじゃなくても、いちいち胸に突き刺さってしまう私・・

やっと、わが子のメッセージカードを見つけた!!

そこには・・

『勉強させてくれて、ありがとう』と、それだけ書いてありました・・・泣けてしまうじゃないですか・・(涙)

高校卒業式でよかったこと

コロナ禍での高校卒業式だったな・・と回想

わが子の高校3年間・・1年生の時はなにごともない・・普通の学校生活を送っていました。

2年生になったところで、『新型コロナウィルス』の蔓延・・・相次ぐ、緊急事態宣言・・

前半はほぼ休校となり、後半になって『オンライン授業』となり、いざ学校生活が始まっても、登校時間をずらすことにより、授業時間の短縮など・・

思うような学校生活は、送ることができなくなってしまいました・・

2年生で行く予定だった『沖縄の修学旅行』も中止となってしまったし。

3年生になると、もうそれほど授業もなくなり(受験準備等で)、コロナ禍での学校生活で窮屈な思いをしたことは、多かったことでしょう・・

大人になって、思い出話で『あの頃は、大変だったね!』と、なる日が来るのかな、、普通通りの一度きりの高校生活を、やっぱりおくってほしかったです。。

そんな切ない思いで、卒業生の背中を見ていました。

2023年度の卒業生は、高校時代はコロナ禍だったのですよね・・
行事も思うようにいかず、辛い思いも多かったことでしょう・・

これからの新生活では、今まで溜めてきたものをバネに、ぴょ~ん!と、飛躍してくださいね!!

卒業式の合唱もなし

卒業式では『校歌斉唱』や『君が代』も、合唱なしでした。(曲が流れたのみ)

なんと!昨年は、卒業式に保護者の参加もできない・・ところもあったようなので、参加できただけよかったな、とは思いました。(にしても、残念)

卒業生代表の答辞の素晴らしさ!

『卒業生代表による答辞』が、すごくよかったです。

女の子でした。

高校生活における、お母さんの話をしていて・・

「楽しい高校生活をおくれたのは、両親のおかげ!いつも元気で明るいお母さん、大好きだよ、本当にありがとう!!」という言葉があって・・

その言葉に、涙がぽろっと・・・

もちろん、その子は娘ではないし、私が言われたのではないのですが・・

すごく心に沁みてしまいました。。

答辞中は、まわりからも多くのすすり声が・・

とってもよかったです。

やはり、生の卒業生の答辞は胸が熱くなります・・・

(小中学生のような形式的な答辞ではなく、高校生のそのままの思いの言葉なのが、とても響くんですよね・・・)

卒業式後のサプライズ

通常の卒業証書授与式が終了し・・

「さて、もう終わりかな?」と思っていたところ

体育館が暗くなり・・

生徒たちが作成した「スライドショー」が始まりました!

楽しそうに微笑んだ、卒業生達のたくさんの写真・・に、感動してしまいました・・・

(こういう思い出のスライドショーってありがちですが、見るのは大好きで、そのたびに胸が熱くなってしまいます・・)

なぜか?!私がこの学校を卒業し、楽しい思い出をかみしめている気持ち・・に、なってしまいました!

しんみり系?の音楽にあわせて流れる、数々の思い出のスライド写真・・

とってもよかったです!卒業生たちが作成した・・というところが、また良い!

高校卒業式で残念だったこと

卒業式後の教室での最後のお別れ&家でのお別れ会

コロナ禍真っ只中・・!での、卒業式でしたので

卒業式後に教室に保護者が入ることできませんでした・・

これは、仕方がありませんが・・親としては残念でした。

でも、子ども達は最後に教室で先生やみんなとだけで過ごし、別れを惜しむ大事な時間を過ごせたのではないでしょうか?

保護者は、そんな卒業生たちが教室から出てくるのを待っている方もいましたが、私は先に帰ってしまいました・・

いまや、高校生たちはみな「スマホ」を持っていますので、教室内にいる子どもと連絡をとることができ、まだまだ時間もかかりそうだったし。

それに、なんと!!

終わってから、わが子の部屋で何人か「もんじゃ焼きパーティー」をすることが、急遽決定したというではありませんか!!!

思いがけず!だったので、とりあえず家に帰って、急いで掃除をしました(笑)

そして、もんじゃ焼きパーティーは遅くまで続き、大変盛り上がっていましたよ!!

わが子も久しぶりに、大変楽しそうでした。(みんなの笑い声が、絶え間なく!)

友達たちを車で送った後に

「あ~~、、高校生活、ほんとに終わっちゃったんだな・・・」って、にぎやかだったのが急に静かになってみて、そんな想いが湧き出てきたんだったな・・

高校卒業式の困りごと

子どもが卒業式にきてほしくない・・と言っている

高校は義務教育ではなく、

保護者が学校に行くことはほとんどなく、そんなに学校に思いがあるわけではないし・・

当の本人の子どもが、ちゃんと卒業式に参加して学校や先生や友達ときちんとお別れ・・をしてくれればいい。

と思うこともあるかもしれません。

そしてお子さんからも

『卒業式には、別にこなくてもいいよ』と言われたなら・・

そう言うなら、別に行かなくてもいいかな、、

という気持ちにもなってしまうかも。

私も

『卒業生代表が卒業証書もらうだけなんだから、別にこなくてもいいんじゃない?!』(一人づつ、授与・・では、なかったので)

と、わが子に言われましたが

『来てほしくない・・』とまでは言われなかったし、やっぱりけじめ!としても行きたかったので(ウダウダはあったものの)、もちろん参加しました。

たしかに卒業式とは、簡単に言えば

『卒業証書をもらうだけ・・』なのかもしれません。

(あとは、長い?お話し)

が・・

私は卒業式に参加して、ほんとうによかったです。

『来てほしくない・・』

と言われてしまっても

式で特に接触する訳でもなく・・

ただ後ろの席で静かに見守っているだけです。

そっと・・こっそり式には是非、参加してほしいと思います。

どうしても仕事が休めない・・・

仕事が休めなくて、卒業式に参加できないことは、それは仕方がないことですね。

でも、ほんとうはどうしても行きたい・・のであれば、あとで後悔してしまうかもしれません・・

お子さんの高校の卒業式は、一度しかないので・・そのあたりを、考慮してもらえたらいいですね。

まとめ

『高校卒業式に参加して、ほんとうによかったです!』

うだうだしたネガティブ気分だった自分が、恥ずかしくなりました。

・・みんな、それぞれいろんな進路があります。

若いみんなの未来を、素直な気持ちでただただお祝いしたい・・と思いました。

このような、門出の場にこられてよかった。

わが子は浪人・・することにはなりましたが、

それだって自らが選んだ、最善の道・・では、ないか(もう一年勉強したいだなんて!!)

親として、その選択をしたわが子の未来を

晴れやかな気持ちで、応援していかなければ!!

式に参加したことによって心から『高校卒業おめでとう!』そう、思えました

コメント

タイトルとURLをコピーしました