浪人したいと言われたら?!浪人させてよかった?親のメンタルこうなる

大学受験
スポンサーリンク
スポンサーリンク

いよいよ今年も、受験シーズンが到来していますね。

大学受験は以前ほどではないにしても、合格した大学が一つもなかった場合『浪人生』になってしまう可能性もあり、受験生を持つ親御さんは特に、心配で気が気ではありませんね…

私には、大学1年生の娘がおります。

タイトルを見て、こちらの記事を読んでくださっている方なら、もうお分かりかと思いますが…

わが子は『浪人』を経て、大学生となりました。

今では大学生の親となった私ですが、まさか浪人生の親になるとは、想定しておらず‥‥(模試の結果等でまさか…はありましたが、、汗)

今思い返せば濃厚だった…浪人生の親の生活を1年間、体験致しました。

誰でも、浪人生の親になんてなりたくないですよね、、、経済面だけでなく、精神面でも不安・心配で押しつぶされそう…不眠になりがち…もう若くないので、肉体・身体面でもしんどい…

でも‥親としての浪人生活は嫌なことばかりではなく、人生…なんでも経験なんだな…と、学びもありました。

親の私でもんな変化があったので、浪人を乗り越えた本人は、メンタル面でもかなり鍛えられたように感じました。

そんな誰しもが憧れない…(笑)【浪人生の親】体験談をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

浪人したいと言われたら?親はどうする?どうした?!

浪人してしまった経緯とは?

現在、大学生となった娘は、県立高校に通っていて、大学進学を目指していました。

神奈川県なのですが、日本国内でも高校卒業後、進学する率がかなり高い県なんだそうです!

進学校でなくても、ほぼ全員が「進学」します。娘の高校は、「普通」の学力の学校でしたので、半分が大学・半分は専門学校といった感じでした。

娘はコツコツ努力家で、地頭はいい方ではありません…指定校推薦では、行きたい学科がきていなかったので推薦は受けていませんが…そもそも、成績が足りていませんでしたね。

大学進学を目指し、塾に通っていましたが…成績もそれほどよくなかったので、塾長からは「AO入試」(総合型選抜)を勧められましたが…

(その学校で学びたいという学習意欲や学校への適性、さらに個性や能力などを評価する入試・学力だけではない入試)と言われています。

娘の目指していた大学は、AO入試の基準も結構難しく…出願できず…でも、試験を受けないことには合格できない!…ので、「一般入試」で受験することと、なりました。

『行きたい大学』でななく『行ける大学』であれば、AO入試で受けられそうなところは、ありました。

レベル的にも、娘が頑張れば入れなくもなさそう!

ですが、娘は『行きたい大学』を受験したいし、行きたい!という強い意志があったので…そう、その時点で【どうしても行きたい!できる限りの力で、受験勉強もする!…けれども、失敗して浪人してしまうことも、あるかもしれない…その場合も、行きたくない大学(いわゆる滑り止め大学)には、行きたくない…】と、涙ながらに…強い意志で…親の私に自分の言葉で今の思いを、まっすぐに伝えてきました…

真面目で、一度決めたことはやり通してきた娘。一応、近くで見てきたのでその性格はよくわかります。

でも‥‥「浪人するかもしれない…浪人したい」と言われても、すぐには即答できませんでした…

やはり「多額のお金」が、かかる…1番はこれですよね。そして、時代錯誤かもしれませんが「女の子」だということ。1年の遅れでも、昔の人間ですので、若さを失ってしまう…のが、大きいことのように思えてしまい…

あまり、、というか、かなり浪人を受け入れたくなかったです。。

まあ、無事に現役合格してくれれば、なんの問題もありませんが…入るのには難しそうな大学でした。。

でも、自分の成績が現時点で足りないと思っても『絶対入りたい!頑張りたい!!』って本気で思って努力しているところが、わが子ながらに素晴らしいな~って思えて…自分だったら、無理そうだったらポキッと心が折れて、入れそうな大学に行っちゃいそうだから‥‥(大多数の人は、そうなんじゃないだろうか…)

一生に一度‥‥大学受験で頑張れるときに、あきらめずに本気で努力することができること。

たしかにお金は大事だ。だって、大学に入学してからこそが、教育費の本番だから。

だからといって、あきらめて、行きたくもない大学に…4年間行くのは、辛いよな…

やれるだけやりきったら!その時の自分の実力でいける大学に行くしかないけれども。。

でも、奇跡は起こるかもしれない…!!と、現役合格はもちろんだけれど、万が一…の場合は、浪人もありえるかもしれない…という話し合いをして、大学受験に挑みました。

浪人したいと言われたら?

お子さんに大学受験前から「浪人したい」と言われたら…どんな親御さんも、YESとはなかなか言えないのでは?!

そもそも、浪人覚悟で受験している時点で「受験に失敗しても仕方がない…」と思っている節もあり、実力を出せなさそうですよね。。

あくまでも「現役合格」してもらわないと、困ります!

お金がかかるのはもちろんのこと、浪人生活はほとんどの時間が勉強時間な訳で、よほど勉強好きな人以外は「辛い時間…」であることでしょう。

それでも「どうしても、行きたい大学があるから、挑戦したい!」という強い意志があったら…

無理に行きたくない大学に行くよりかは、もう一度挑戦できる「浪人」の選択肢も見えてくることでしょう!

ただ…やっぱり経済状況ですよね、、無理のない範囲内で、検討してみましょう。

浪人すればよかった…

「浪人すればよかった…」これは、せっかく大学に入ることができて通っているのに、こんな言葉を聞いてしまうのは、辛いですね。。

第一志望の大学に入れなかった人は、この世の中、大勢いらっしゃることでしょう。

そして…大学を卒業し、もう何十年もたっていても「第一志望の大学」を卒業することができなかった後悔を持ったままの方は、結構多いそうです。

浪人したからといって、「第一志望の大学」の合格率はあまり高くはありません。

でも、やりきった感を持てないと、人生ズルズルと思いが残ってしまうのかも‥‥

第一志望の大学に合格できなかった場合は…他の合格した大学に進むことになることでしょう。

あとになって「浪人すればよかった…」なんて本気で思うことのないよう、自分の選択に自信を持ってもらいたいです!

浪人生の親の心情とは?

浪人生の親となってみて

結局…現役での大学受験は「全落ち」してしまいました‥‥

全部落ちてしまったので、浪人しか道がありませんでした‥‥

「行ける大学」ではなく「行きたい大学」を選んだ結果です。。仕方がありません。。

娘の行きたい学科は、そんなに多くの大学にはなかったので、選択肢も少ないので余計でした。

「お金」もしんどいですが「浪人」という宙ぶらりんな身分?に、とても心配・不安がありましたね…

「浪人」したからといって、合格できるかわからない…マイナスなことは、考えたって仕方ないとわかっていても、気持ちがそっちへ…(泣)

浪人生に対する親のサポート方法

浪人生の親になったからといって、特にサポートした訳ではありませんでしたね。

娘は「大手予備校」に通い、授業後も自習室で勉強していたので、ほぼ家では食事・お風呂・睡眠と少しの休憩といった感じでした。

勉強のことは、あまり口出しせず…模試の結果を見てしまうと、不安のあまり、何か言いたくなりそうでしたが…そんなに急には成績はあがらない!徐々にきっと!!と心の中で。

親が浪人生に求めることは何か?

とにかく思い存分勉強して、あきらめないで欲しい!

もう、これだけでしたね。

途中で「や~めた」が一番困る…でも、浪人前によくよく話し合っていたこともあり、これは一切ありませんでした。

最後までよく、走り抜けたのではないでしょうか?!

親の心構え

普段は、パートとして働いている私でしたが…

とにかくお金が欲しい!…といっても、転職して給料UP!!は、現実問題なかなか難しい…

体力もとにかく、なくなってきているし…

娘も頑張っていることだし、私も頑張らなければならぬ!!!

と‥‥「ブログ」を始めてみました。

この「ブログ」は、受験勉強並みになかなか大変なんですよ~~!

ましてや、ある程度稼ごう!なんて思うと、ほんと~に大変なのです、、が

とにかく継続で、地味~~なブログ作業も「娘が頑張っているではないか~~!」と、奮闘していまも継続することができています♪

やめるのは簡単!ですが、やめてどうなる?!…お金が入ってこない!!

…と、私も成長できたみたいです。そう…このブログ作業では、いつかは大きく成功する可能性もあり、そしてブログ作業をしているときは、不安が紛れる…そして、無理し過ぎなければ自分のためになることばかり?!(自分時間を削っていますが涙)

でも、この「人生つまづき」きっかけで大きく成長できた↑たので、きっときっととってもよかったです^^

浪人生のストレスとは?

浪人中の娘から、一切泣き言や愚痴など、聞いたことはありませんでした…

ですので、私も「浪人生なんて、どうのこうの~~」ということも、ありません。

とにかく浪人生の1年間も…夏を過ぎてしまうと、びっくりするほど早かったです!!

約10時間といわれる、浪人生の1日の勉強時間‥‥

集中して勉強ができるようになると、そんな長いと思うような勉強時間も「あっというま」だそうですよ!

浪人生を信じてあげよう!

受験生は、1年間に何度か「模擬テスト」を受験することでしょう。

いわゆる「志望大学合格判定」です!!

なんと…娘は受験近くまで第1志望は「E判定」でした!

「E判定」だと、ほぼ合格することは難しい…という判定です。。

でも、予備校での最終面談でも、志望大学は変更せず、そのまま最後まで頑張りました!

結果は…第1志望は不合格だったものの…第2・第3も、残念…だったのですが…

絶対に行きたくない大学ではない大学に合格できました!!(言い方笑)

結構、レベルの高い大学が志望校だった娘。それでも最終的には、「補欠合格」まではできて、あともう少し!!でした。

結局、縁があったのは今通っている大学ですが、「レベル」もちょうどよく、大学の規模も大きいので研究施設も整っているそうです。

自宅からは遠いですが…県内なので、なんとか楽しく通っています!

第1志望ではありませんでしたが‥‥大学が決まった時は「達成感!」が半端なかったそうですよ♪

やっと安堵した顔を見ることができて、こちらもようやく…安心しました。

浪人生活とは?

人生でのリベンジ期間

長い人生で失敗してしまったとき…時間が欲しかったりしますよね。

時間って‥‥誰にでも平等。時間が解決してくれるって、ほんとうにあります。

冷静に慣れないとき…深く傷つき、どうしていいのかわからない…そんなことは、人生に起こりますよね。誰しもが経験することでしょう。

浪人もそうですよね。

ある一定の期間‥‥失敗をリベンジできる期間が『浪人生活』ではないでしょうか?!

もちろん、いいことばかりではありません。お金もかかるし、時間が止まってしまっているように感じることもあるでしょう…

が、人生、失敗してしまったときにやり直せる時間があるって、、またとない幸せなのではないでしょうか!?

もちろん、人生順調で、なんにも障害のないのは理想だし、幸せだと感じるかもしれません。

が…なにかを乗り越えたときの幸せ…達成感は、頑張って乗り越えた人にしか経験のできないことです!

そんな経験をしたかしないか…で、これから続く人生に大きく影響してくるのではないでしょうか?!

私の場合…もう人生、半分を過ぎているのですが、思い返せばいろんなことがありました。思い出したくないことも、いっぱいたくさんあります(笑)

挫折して…立ち止まってしまったこともあります。

でもその経験をしたことで、先に進むことができ、今があるので『いやだったけど、悪い経験じゃなかったな~』って、やはり思いますね。

若いうちに『浪人』という挫折経験をしたのも、きっとこの先の人生、なにかでつまづいてしまったときに、大きな影響を与えそうな気がします。

絶対、メンタル強くなっていると思いますよ~~~!そう、人生あきらめないこと!!!

まとめ

『浪人生の親』の体験者として、まとめてみました!

改めて振り返ってみると…

今の自分があるのは、あの『浪人生の親』の体験があったから…だという気になってきました(笑)

おススメはしないですが‥‥でも、お子さんの人生にかかわることなので、親としてできる限りのことはしてあげて欲しいと思います。

お互いに納得のいくまで、話し合ってみて下さいね。

~最後までお読みいただき、ありがとうございました。~

コメント

タイトルとURLをコピーしました